ネガティブな感情が頭から離れないときは「いい加減」になるのが大切な理由

   

この記事を書いている人
– Writer –


心理カウンセラー。

社会人学生として大学で4年間心理学を学ぶ。

フリーランスとして独立後、 インスタグラム(現在フォロワー数42,000人)有料ブログ(月間訪問者数 最大16,000人/年間訪問者数89,000人)を開設してメンタルケアの方法を発信。

恋愛や結婚、人生に悩む方々のサポートを行なっている。

》詳しいプロフィールはこちら


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「感情に振り回されて疲れています。

ネガティブな感情が湧くとそれに囚われてネットで解決法を探すばかりです…

上手に感情と付き合うにはどうしたらいいのでしょうか?

コロコロ気分が変わって苦しいです。

こんな私でも成長すれば気にならなくなるのでしょうか…」

とお悩みではありませんか?


感情というのは抑えこもうとするほど大きくなっていくという習性があります。


つまりネガティブな感情は我慢すればするほど頭から離れなくなってしまうわけです。


コロコロ気分が変わると客観的に状況を見ることができなくなって、適切な解決策が見つけられなくなってしまいます。


それだけでなく、ネガティブな感情に囚われるとうつ状態になりやすくなります。


今回は「ネガティブな感情が頭から離れないときは「いい加減」になるのが大切な理由」についてご紹介します。


本記事で載せている対処法はあくまでもアドバイスです。


これを使って不安や心配などのネガティブな感情を乗り越えるために役立ててほしいというのが私の願いです♪


本記事の内容

  • あなたが感情に振り回されやすい3つの理由

  • ネガティブな感情に巻き込まれないようにするコツ


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

あなたが感情に振り回されやすい3つの理由

理由①カリカリすると幼稚だと思われる

「何をそんなにカリカリしてるんだろう」と思わせる人は幼稚に見えますよね。


経験豊富で知識もある上司でも決めつけが激しいと大人気ない印象を与えます。


逆にキャリアが浅くて知識はそこまでないけど臨機応変に対応したり、誰とでもスムーズなやり取りができる部下もいますよね。


こういうタイプは物の受け止め方に決めつけが入らないタイプです。


感情に振り回されやすい人は相手を敵か味方かのどちらかに分けてしまう傾向があるのかもしれません。


一度敵とみなしてしまうと、その人が何を言っても反対するし無視します。


「この人なら分かってくれるはず」と思っていた相手に反対されたら勝手に裏切られた気分になって、「この人も敵なんだ」と決めつけてしまいがちです。


でも実際には相手はそんなことを全く考えておらず、敵とか味方とかいう意識はないんですね。


▼合わせて読みたい

Mindow.jp
Mindow.jp
https://mindow.jp/self-control-0531/
~ Window to the mind ~

理由②黒と決めつけると自分が苦しくなる

ネガティブな感情で頭がいっぱいになっているときほど「〇〇しなければならない」という考え方に陥っていることがあります。


たとえば机の上が散らかっている同僚に対して

「どうしてこんなに汚いままで大丈夫なんだろう。

私(俺)だったらこんなの絶対に我慢できない」

と思ったことはありませんか?


このような場合、同僚にも自分にも無意識のうちに

「机の上は常に整理整頓しておくべき」

「周りに不快感を与えないように片付けるべき」

という思い込みがあるのかもしれません。


そうすると同僚に対してイライラしてくるので自分が苦しくなりますよね。


散らかっているように見えてもその同僚は片付けているつもりかもしれません。


仕事でも同じことが起こっていて完璧を目指そうとしても、コンディションの波を考えるとうっかりミスも起こすわけです。


本来なら「完璧ならいいな」という考え方が自然なんですね。


▼合わせて読みたい

Mindow.jp
Mindow.jp
https://mindow.jp/self-growth-0502/
~ Window to the mind ~

理由③自らパニックに陥る人が多い

  • 相手の話を最後まで聞かずに結論を出す

  • なかなか返事をしない相手に「もういいよ」と言ってしまう

という人はちょっと早とりちなところがあります。


ネガティブな感情が頭から離れないとき、多くの人は自分からパニックを起こしやすい方向に進んでいるんですね。


バタバタと動き回って

「あれもダメだ、これもダメだ…」

となれば、八方ふさがりになってしまいます。


1つ1つの物事を大げさに受け止めないようにしましょう。


たとえば好きな人から連絡が返ってこないとき。


「何か悪いことしたのかな?」と考えるのではなく、

「とりあえずこの件は置いておこう」

と気持ちを切り替える。


職場で上司から「あなたのせいで全体の作業が遅れるんだ」と怒鳴られたとき。


イライラしたり落ち込む代わりに、

「全体でフォローしていけばそれほど大騒ぎすることもなく解決できる」

と考えることもできますよね。

ネガティブな感情に巻き込まれないようにするコツ

ネガティブな感情が頭から離れないのは、自分の身の回りのことを思い通りにこなそうとしているから。


でもたいていのことは予想どおりにはいきません。


それは仕事から始まり、恋愛関係(夫婦関係)を含めた人間関係でも「こうなればいいな」と思うようにはいかないことの方が多いです。


ここからプレミアム会員の方限定でご紹介する【ネガティブな感情に巻き込まれないようにするコツ】を実践して、感情の起伏を一定に保てるようになりましょう!


〇〇さ耐性を高めることで自由になる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

複数の〇〇〇を思い浮かべて行動する

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

敵を作らずに〇〇〇う方法を考えよう

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇を立てた方がミスを引きずらない

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇確率よりも、セルフウォッチング

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

本日のおすすめの1冊

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

ネガティブ感情を味方につけよう

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=
3 Comments

Add a Comment