クヨクヨ悩むのをやめるには【思い込みを変えよう】

   

こんにちは、メンタル心理カウンセラーのみほです。

インスタグラムでこのような投稿をしました。


「ネガティブ思考で、不安や怒りなどの感情に振り回されやすいです。」

「自分に自信がなくて、他人からの評価を気にしすぎてしまいます。」

とお悩みではありませんか?


本記事では

  • どうやったらクヨクヨ悩むのをやめられるのか

  • 思い込みを変える具体的なやり方

という内容で解説していきます。


なお、本記事は以下のような方にオススメです。

  • 子育てでストレスが溜まってイライラしている

  • 職場の同僚や、ママ友同士の人間関係に悩んでいる

  • 仕事がうまくいかなくて頭を抱えている

どうやったらクヨクヨ悩むのをやめられるのか

物事の受け止め方を変える

ズバリ結論から述べると、物事の受け止め方を変えようということです。

人は、起こった出来事に対して「どのような受け止め方をするか」によって、傷ついたり落ち込んだり怒ったりしているからです。


例えば、友人や好きな人などにメールを送ったのに返信がこない場合。


事実は「メールを送ったけど、今の段階では返信がない」ということですよね。

理由として考えられるのは以下のとおり。

  • 仕事で忙しくて返信できないのかもしれない

  • すぐに返信する必要はないと判断したのかもしれない


相手が考えていることは相手本人にしか分からないので、これ以上は考えても仕方のないことです。


ここで、ポジティブ思考のAさんと、ネガティブ思考のBさんがいるとします。


Aさんは「きっと相手にも何か事情があるのだろうな。」という受け止め方をし、不安や怒りを感じません。

「まあそういう時もあるか。他のことやろうっと。」

というふうに気持ちを切り替えることができます。


その一方でBさんは、

「返信がないってことは私は嫌われてるのかな?

そういえば前回会った時、あまり目を見て話しをしてくれなかったし…

最後に別れる時もそっけない挨拶をされたっけなあ…」

と考え始めてしまいます。


そして最終的には

「私は返信する価値がない人だと思われてるのかな…」

という受け止め方をすることもあります。


AさんとBさんのように、物事の受け止め方には人それぞれのクセがあります。

クヨクヨ悩んでしまうのをやめたいというのであれば、Aさんのような物事の受け止め方を目指すのが良いのです。

100人中何人が同じ捉え方をするか

「『Aさんような物事の受け止め方を目指すのが良いです』って言われても、あまり想像がつきません」

という方もいるでしょう。


そういう場合は、自分と同じ経験をした人が100人いるとして、その中で何人があなたと同じ物事の受け止め方をするのかということを考えていただきたいです。


先ほどの例を使うと、

「友人や好きな人などにメールを送ったのに返信がこない」という経験をした人が100人いるとする


100人の内訳は

「なんでも前向きに考える会社の先輩の〇〇さん」

「物事に動じないママ友の△△さん」

「嫌なことでもさらっと受け流すことができる友人の□□ちゃん」

などなど、自分とは違うタイプの人を具体的に思い浮かべてみましょう。

彼らだったらどんな反応をするでしょうか?


出来事が直接、怒りや不安、落ち込みなどの感情を生み出しているのではありません。


「返信がこない」(出来事)
    ⬇︎
「私を嫌ってるに違いない」(物事の受け止め方)
    ⬇︎
「なんでそんなことするのよ!」(感情)
「はあ。私っていつもこう…」(感情)

と、自ら怒ったり落ち込んだり傷つくことを選んでいるということです。

出来事や環境のせいにしない

出来事や環境のせいにしないことが大切です。


たとえ環境が変わったとしても、物事の受け止め方を変えない限り

  • また同じような悩みを抱えて辛くなる

  • 些細なことで落ち込んでうつ状態になる

ということが繰り返されるからです。


例えば、職場で自分の書類のミスを上司から指摘された場合。

「こんな小さなミスを指摘されるなんて、私(俺)って本当に能力がないなあ…」
      ⬇︎
「やっぱり私(俺)って何をやってもダメなんだと思う…」
      ⬇︎
「はあ…もう何も考えたくない。仕事のやる気も出ないよ…」

という考え方のループにハマってしまう方がいます。


このような考え方のクセを持っていると、うつ病になる可能性も高くなります。


こういうことを書くと

「それって、うつ病になった本人が悪いってことですか?」

「勝手に落ち込んでる私(俺)だけの問題なんですか?」

という意見も出てくると思います。


もちろん、ネガティブ思考のクセがある人が悪いと言っているわけではありません。

あなたをそこまで追い込ませた上司や会社の方針に問題がある場合もあります。


「上司からの指摘=うつ病になる原因」ではない

同じ会社内であなたと同じように上司から書類のミスを指摘された人がいるとします。


彼ら全員が全員、落ち込んで仕事のやる気をなくしたり、うつ状態に陥っているわけではないはずです。


あなたの物事の受け止め方にも少なからず問題があるとするならば、それを変えていく必要があるのです。

クヨクヨ悩んでしまう際にやるべきこと

「私には価値がない」があなたを苦しめる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

”自分ルール”を調べる方法【下向き矢印法】

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

「本当に嫌われてます」は勘違い

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=

Add a Comment