【結論】他人をコントロールしようとする人への対処法【境界線を引こう】

   

こんにちは、メンタル心理カウンセラーのみほです。

以前インスタグラムでこのような投稿をしました。


「命令口調で威圧してきたり揚げ足をとって細かい指摘をしてくる人がいて困っています。

反論もできなくて、どうやって付き合ったらいいか悩んでいます。」

とお悩みではありませんか?


本記事では

  • どうやったら他人をコントロールする人とうまく関われるのか

  • 相手にコントロールされそうな時にやるべきこと

という内容で解説していきます。


本記事を読むことで

  • 他人をコントロールする人の心理

  • 相手からコントロールされた時の対応法

が明確に分かります。


ちなみに

相手からのコントロールに悩んでネガティブ思考になってしまっている方は、下記の記事も参考にしてみてください。



どうやったら他人をコントロールする人とうまく関われるのか

褒めて相手のプライドを満たす

褒めて相手のプライドを満たしてあげましょう。

なぜなら、人は相手から与えられたのと同じくらいの好意を返そうとするからです。


人は誰でも認められたいと思っています。

失敗を部下のせいにしたり自分の考えを正当化しようとする人は、

単に自分を偉く見せようとすることで精一杯

なのです。

これはプライドが飢えているということです。


そういう時は、

「〇〇さんのアドバイスのおかげで仕事がスムーズに進みました。

ありがとうございます!」

と言いましょう。


人は自分にとって嬉しい思いをさせてもらったとき「相手に同じ好意を返したい」という心理が働きます。

なので、それ以上コントロールしてこなくなる可能性が高くなります。


自分のプライドは捨てる

また、自分のプライドは捨てて相手のプライドは大切にすることがポイントです。

他人を褒めるには、自分に自信があって気持ちに余裕がなければできません。


自分に自信がある人は必要なときにはプライドを捨てることができます。

コミュニケーションにおいてプライドは1番邪魔なものです。


「私よくミスをしちゃうんですよ。

教えてください。」

と言えるようになると良いでしょう。


特に組織の中にいると自分1人でやれることは少ないですので、どうしても周りとの協力が必要になります。


人は自分を褒めてくれる人のことは悪く扱えないものです。

なので褒めて相手のプライドを満たしてあげましょう。

コントロールされている振りをする

相手にコントロールされている振りをしましょう。

他人をコントロールしたがる人は自分のことはすべて棚に上げる傾向があるからです。


「俺(私)は正しくて、お前は間違っている」

というスタンスを貫こうとします。


例えば、

頼んでもいないのに

「それはこうした方がいいよ。」

と口出しをしてきたり、


「私(俺)のアドバイスを聞いておかないと大変なことになるよ。」

という発言をしてくることがあるかもしれません。


イラっとしてもそこは怒りをグッとこらえて、まずは相手をいい気分にさせましょう。

「〇〇さんのおっしゃる通りだと思います!」


「さすが、〇〇さんにはかないません。」

と、あえてやられている振りをするのです。


こういうことを書くと、

「なんでコントロールしてこようとする相手に、そこまでしなくちゃいけないんですか?」

と言う方がいます。


確かに、相手から命令されたり見下されたような発言をされたら、イライラしたり落ち込んだりするのは当然のことです。


しかし、

無駄に言い返したりコントロールし返す
     ⬇︎
相手との関係を余計にこじらせる
     ⬇︎
自分の立場が危うくなる

という悪循環に陥る可能性があります。


必ずしも本心でなくても良いので、あくまでコントロールされている振りをしましょう。

反応しない

相手が命令してきたりコントロールしようとしてきたら、反応しないようにするのも一つの方法です。


「関わりがない」

「無視される」

ということは人に恐怖感を与えるからです。


本来、普通の人ならば

相手に好かれたり褒められたりする
     ⬇︎
喜びを感じて心が満たされる

という流れです。


しかし、他人をコントロールしようとする人は

周りから好かれたり褒められたりする経験をあまりしてこなかった

ことが多いです。


そのため、相手から嫌われたり嫌がられるような行為をわざとやってでも

「相手からの反応を得て自分の存在を認めてもらいたい!」

と思うようになります。

根底に寂しさを抱えています。


「自分のことを必要とされている」という自信が得られないがために、コントロールするという方法しか取れないということです。


  • 自分の行動を監視するような態度を取ってくる

  • 「だから君は仕事が遅いんだよ」と見下すような発言を繰り返す

などをされたら、

聞こえない振りをして

「それで、さっきのことについてなんですけど」

と話しを続けてみるのも良いでしょう。


相手に「この人には通用しない。」と思わせることができます。


コントロールするという行為は相手がただ構ってほしいだけなので、わざわざ反応しなくてよいです。

相手にコントロールされそうになったときにやるべきこと

相手の問題に深入りしない

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

相手の気持ちを察して理解する

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

味方を作る

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

まとめ

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=
One Comment

Add a Comment