いつも他人にイライラ・ビクビクしてしまうワケと解決法【改善のコツ】

   

こんにちは、メンタル心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「ちょっとしたことで他人にイライラしてしまいます。

そしてそんな自分にイライラすることがよくあります。

うまく心を鎮める方法を教えてもらえると嬉しいです…」

「他人の目を気にしてビクビク怯える癖をどうにかしたいです。

こんな自分や人間関係に疲れました。

どうすればいいのでしょうか?」

とお悩みではありませんか?


本記事では

  • どうして他人にイライラ・ビクビクしてしまうのか

  • 他人への怒りや怯えを減らして心を楽にする方法

という内容で解説していきます。


本記事を読むことで

  • 心のモヤモヤをいち早く解消する考え方

  • 現在の問題や悪循環を断ち切るためのコツ

が分かります。


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

どうして他人にイライラ・ビクビクしてしまうのか

自分の考えに根拠があると思っている

他人にイライラしたりビクビクする時って、自分の考えに根拠があるという思いが強くなっている時でもあるんですね。


と言っても

「そんなの当たり前じゃないですか。

自分の見てる現実は正しいに決まってますよ。」

と思う方もいると思います。


以前、下記の記事で、悪い考え方の癖を直しましょうという話をしました。




これと同じような感じで、「自分の考えに根拠がある」という考えは、

「否定的に物事を考える癖」

の一つとされているんですね。


最も自覚しにくいものですので、今これを読んでビックリされた方もいるかもしれません。


例えば、あなたが初対面のママ友との集まり(ランチ会)に参加したとしましょう。


最後にみんなで電話番号を交換して、あなたは仲良くなったママ友の1人とこんなメールのやり取りをしました。


no-img2″>
 <figcaption class= あなた

「今日は楽しかったですね~!

これからもよろしくお願いします♪

よかったら今度一緒にランチにでも行きましょう(^^)」

no-img2″>
 <figcaption class= 相手

「楽しかったですね!

こちらこそよろしくお願いします⭐︎」


この時

「ランチ誘ったのにそのことには触れてない…

私のことあまりよく思ってないのかな?」

と考えて落ち込むか、

「いや、ここはあえて具体的な日時を伝えて誘ってみようかな?」

と押してみるか、あなたならどちらの反応をしますか?


もし

「相手からあまりよく思われてないんだ」

と早々に結論を出してしまった方は、過去に同じような場面で誘いを断られた経験をしているのかもしれません。


そのため、自分の根拠を元に、今回はすぐに

「相手からよく思われてないんだ」

と結論付けて自分を守ろうとしたということです。


このように、自分の根拠が必ずしも正しいとは限らないのにそれを正しいと思っているから、他人にイライラしたりビクビクしてしまうんですね。

自他共にプレッシャーを与えている

また、必要以上に自分にも相手にもプレッシャーを与えて、自らイライラやビクビクの原因を作り出してしまうこともあります。


例えば

「どんなに疲れていても毎朝早起きして、夫と子供の弁当を作らなければならない」

という考えを持っているとしましょう。


この考えは、矢印が自分に向くと、それを達成できなかった時に

  • 自分を責める

  • 不甲斐なさを感じてうつを招く

ことがあるんですね。


その他にも

「ご近所さんには親切にしなければならない」

と考えている人が、あまりにキツくて自分のことで精一杯で、ご近所さんに親切にしてあげられなかったとしましょう。


ただでさえキツくて辛い時に

「あぁ、自分はもっとご近所さんに良くしなければならないのに…

できなかった、最低だ。」

と自分を責めてさらに落ち込みます。


そしてこの「~しなければならない」という考えが他人に向くと、

その期待に相手が応えなかった時にイライラしたりビクビクしたりすることにつながるんですね。


「ご近所さんなら、どんな時でも私たち家族に親切にしてくれるはず」

「夫なら24時間いつでも全力で私の悩みを聞いてくれるはず」

などと考えていると、その期待が裏切られた時に怒りや怯えとなって表れます。


相手へのイライラが収まらずに困っている方は、下記の記事も参考にしてみてください。




一昔前に比べて男女格差が減ってきたとはいえ、

「お弁当作りは料理ができる妻の仕事」

と考える人もまだまだ多いですし、

「ご近所付き合いは良くしておくことが正しいこと」

と考える人が多いのも事実です。


このような考えが自分の性格の一部に無意識に染み付いてしまって、

しかもそれが世の中で道徳的に正しいとされていると、

「自分の『~しなければならない』という考えが実は間違っているのかもしれない」

ということに自覚できなくなっていくんですね。


他人にイライラしたりビクビクしやすい人と、そうでない人の違いは、この点に自覚できているかどうかということです。

他人は幸せで自分だけが不幸に見える

なぜか他人はみんな幸せそうに見えて、自分だけが不幸に見えたりすることってありますよね。


特に日本には謙遜の文化があるので

「私(俺)なんて大したことないですよ~」

という言葉を耳にするのは日常茶飯事ですよね。


このようなネガティブな考え方を変えたいのであれば、

「もし目の前にもう1人の自分がいたら、なんて声をかけるかな?」

と想像する習慣をつけることです。


例えば

「子育てもうまくいかないし、夫との仲もギクシャクしてるし、だから人生が楽しいと思えないんだ。

でも友達は私よりも不器用だけど幸せな生活を送ってるらしい。

それに比べると私ってどうしようもない人間だなぁ…」

と思ったのであれば、目の前にいるもう1人の自分に話しかけるように、


「子育てがうまくいかないとか、夫婦仲がうまくいかないことなんて普通だって。

初めから全部うまくいく人なんていないし、失敗を重ねながらちょっとずつ成長してくのよ。

子育てや夫婦仲だけであなたの人生の価値が決まるわけじゃないわよ。」

と、上手にアドバイスできると思いませんか?


このようにして少しずつ、あなたのイライラ・ビクビクの原因となる考え方を直していくことが大切です。


ここからはプレミアム会員の方限定で

他人にイライラしたりビクビクしてしまう人が、やりがちな悪い癖を良い癖に変えるテクニックを、5つの点からアプローチして解説していきます。

他人への怒りや怯えを減らして心を楽にする方法

頭の中の〇〇〇に意識する癖をつける

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

「~〇〇〇がいい」で選択肢を広げる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

過去の経験ではなく〇〇に目を向ける

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

親からの〇〇の思い込みに気づく

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

何度も同じ問題が繰り返されるワケ

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=
3 Comments

Add a Comment