【セルフカウンセリング】「人から好かれない…」は間違ってる!?

   

こんにちは、メンタル心理カウンセラーのみほです。

インスタグラムでこのような投稿をしました。


「相手の反応がそっけないと、『私のこと嫌いなのかな…』と考えてしまいます。

『私は人から好かれない人間なんだ』って考えて落ち込む日々です…」

とお悩みではありませんか?


本記事では

  • どうやったら人から好かれるようになるのか

  • 行動パターンを変えて思い込みを直すやり方

という内容で解説していきます。


本記事を読むことで

  • 人から好かれるようになる方法

  • 行動パターンを変える具体的な方法

が明確に分かります。


以前、本ブログでは

「ネガティブ思考の悪循環から抜け出すには、無意識のうちに行っている思い込み(考え方の癖)を変えていくことが大事」

という話をしました。


Mindow.jp
Mindow.jp
https://mindow.jp/【後編】ネガティブ思考をポジティブに変えるコ/
~ Window to the mind ~


本記事ではセルフ・カウンセリングの方法の一つとして、【行動実験】をご紹介します。

どうやったら人から好かれるようになるのか

思い込みが正しいか実験する

「人から好かれたい」と思っている人は、「自分は人から好かれない人間だ」という思い込みを持っていることがあります。


なので、まずはその思い込みが本当に正しいのかどうかを実際に確かめてみる必要があります。


その時に使うのが「行動実験」という方法です。

さっそくやり方を説明していきます。


4ステップ

その①:思い込みを書き出す

その②:その思い込みが正しいかを確かめる実験を計画

その③:実験を実行

その④:必要があれば現実に合わせて思い込みを直す


注意点

軽い気持ちでなんとなく始めてなんとなくやめる、ということはしないでください。


中途半端な行動実験は、むしろネガティブな思い込みを悪化させることがあるからです。


理科の実験と同じように、

何についての証明をしたいのか?

(ここでは「人から好かれない」という思い込みは正しいのかの証明)

を明確にして計画を立てて、

自分の望む結果

(ここでは「人から好かれたい」という結果)

を得られるまで続けることが大切です。

その①:思い込みを書き出す

例えば、

「メールを送ったのに返信がこない」

「相手からそっけない態度を取られた気がする」

という場合。


「私は人から好かれない人間だ」という思い込みを持っている人は、つい

「きっと私に何か原因があったんだ…」

と考えてしまいます。


この思い込みが正しいのかを確かめるためには、

「私は相手の些細な態度の変化からすぐに『嫌われたんだ』と判断してしまうけど、その思い込みって正しいのかな?」

というテーマを立てて紙に書き出します。

その②:思い込みを確かめる実験を計画

続いて、その思い込みが正しいのかを確かめる実験を計画します。


注意点②

できるだけリスクの低いやり方を選びましょう。


例えば、

相手から本当に嫌われているのかを確かめるために

「なんでメールの返信くれないの?」

「なんかそっけない態度を取られた気がするんだけど…

もしかして私のこと嫌いになった?」

のように、直接的な言い方で問い詰めたら相手はそれを攻撃と捉えます。

それが原因で人間関係が悪化してしまっては意味がありません。


自分の行動パターンに注目

自分が普段どんな行動パターンを無意識のうちに選んでいるのかを思い出してみましょう。


例えば、相手から嫌われていると思った時に、

  • なんとなく相手を避けるような態度を取る

  • 会っても積極的に話せなくなる

  • 知らず知らずのうちに表情が硬くなる

などの行動を取っているのであれば、その行動パターンを変えてみることを考えましょう。


例えば、

相手からそっけない態度を取られたかもと思っても、あえて積極的に笑顔で挨拶をしてみる

などです。


これはあなたへのリスクも少ないですし、相手にとっても負担のないやり方です。


相手の態度や言動などの行動の結果として起こる出来事を予測しながら、実験のやり方を考えます。


そして、「どんな時にどんなことをするか」という計画を立てていきます。

なので、以下のような内容を紙に書き出すと良いでしょう。


[実験の計画の書き方の例]

  • 次回〇〇さんに会ったら、あえて積極的に笑顔で挨拶をしてみる

  • もし××さんからメールの返信がこなくても、避けないで話しかけてみる

などです。

その③:実験を実行

ここから実際に行動に移して実践していきます。


注意点③

自分の望む結果(「人から好かれたい」という結果)が得られる前に、諦めてやめてしまわないこと


例えば、10枚に1枚しかハズレがないくじ引きがあったとします。

その1枚が最初に出る可能性は十分にあります。


1回目のくじ引きで

「残念だな~ハズレ引いちゃったから、もう次はいいや。」

と言ってそこで次のくじを引くのをやめてしまったら、

「そのくじ引きにはハズレばっかり入っている」

という誤った考え方を抱くことにつながってしまいます。


つまり、「笑顔で挨拶をしたのにそっけない態度を取られた」という出来事が最初に起こったとしても、そこで行動実験を諦めてやめてしまわないことが重要です。


もちろん

「でもそんな態度を取られたら落ち込むし、むしろ余計嫌われるんじゃないかと怖くなります…」

と思う人もいるでしょう。


その場合は「これはあくまで実験だから」と言い聞かせて、勇気を出して続けていっていただきたいです。


行動実験はあくまでセルフ・カウンセリングの一つです。

なので、自分で自分を励まし勇気を出して続けていくというスタンスが重要になります。


※なかなか勇気を出す自信がないという方は、下記の記事も参考にしてみてください。



その④:必要があれば現実に合わせて思い込みを直す

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

行動パターンを変えて思い込みを直すやり方

一歩下がって相手の状況を考える

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

気にしない能力を身につける

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

過去と今の置かれてる状況は同じ?

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=

Add a Comment