【結論】他人をコントロールしようとする人への対処法【境界線を引く】

   

公式LINEでは「今日の一言」を配信中

以下のアイコンをタップして
友だち登録をしてください♡

友だち追加

@482iugpe




【無料】メルマガ配信中

公式メルマガ




心理カウンセラー みほへの
ご相談はこちらまで

オンラインカウンセリングサービス

相談するだけで、心が軽くなる

キャリア・恋愛・人間関係の悩みを
幅広くサポート





こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「他人をコントロールしようとする人への対処法を教えてください。

自分が正しいと思っていて、言うことを聞かないととても攻撃的になって怒りで従わせようとする人がいます。

どうやって付き合えばいいのでしょうか?」


「他人をコントロールしようとする人に出会うと、何とかできないものか…と焦りや不安が頭の中を巡ります。

ですがコントロールしてくる相手に対してできることって何もないんです。

なぜならそれは相手の問題だからです。」


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

他人をコントロールしようとする人への対処法

グレーの部分もあると考える

実は多くの事柄はグレーゾーンに位置しています。


人間関係はその最たるものです。


「あの人にはこんな面もあるし、あんな面もある」

「こういう時には仲良くできるけど、違う時には気が合わない」

「相手の気分が乗らないこともある」

などなど。


良い悪いは別として、変化しやすくグレーの部分が多いのが人間関係です。


距離感が遠い相手や「どうでもいい」と思っている相手に対しては、割とグレーで接することができるという人は多いようです。


ですが「仲良くしたい」とか思い入れのある相手に対しては、どうしても「この態度は何なの?敵なの味方なの?」と思ってしまいます。


他人をコントロールしようとする人と接する時は、グレーの部分もあると考えるようにしましょう。


例えどんなに親しい間柄で、自分と同じことを考え、同じ気持ちでいると信じて疑わない相手にも、相手の時間が流れていて、相手のペースがあり、相手の世界があります。


相手の反応がイマイチでもすぐに「この人は私(俺)のことが嫌いなんだ」と決めつけずに、

「気分の乗らない日もあるよね」

「何か気分が悪くなることがあったのかな。しばらく様子を見てみよう」

などとグレーの考え方をしてみます。

相手を優先しすぎるとNOと言えなくなる

また、他人にコントロールされてる気がすると思う時は、無意識に自分より相手を優先させてしまっていることがあります。


もちろん相手を優先させることも時には大切です。


ですが自分より相手を優先しすぎると、嫌われることへの恐れが強くなってNOが言えなくなっていきます。


そうすると相手から理不尽なことを頼まれたり粗末に扱われても、「自分が我慢すればいい」と考えてしまうんです。

これが相手の「コントロールするスイッチ」をONにしてしまいます。


我慢することで得られる”安心感”は一時的なものです。


相手の顔色を伺いすぎたり、自分の気持ちを押し殺してしまう人は、相手から粗末に扱われたり失礼な対応をされてもいいと、無意識のうちに思っています。


「相手からの評価=自分の存在価値」になっているんです。


これだと負のスパイラルにハマってしまいます。

もっと自分の気持ちを尊重する

相手から大事にされたかったら、まずはあなた自身の気持ちを大事にしてください。

理不尽な要求にはNOと言って良いです。


これはわがままとは違います。


自分の意見を伝えたりNOと言うことは、「相手との意見の違いを表現すること」です。


決して、相手を否定することでも、相手を受け入れないことでもありません。


自分の気持ちを尊重することで相手と良い境界線を引けるようになります。


あなたがどのような言い方をしても、相手は自分のその時の気分や状況で、見たいものだけを見て、聞きたいことだけしか聞いていません。

相手がどう受け止めるかは相手次第です。


それであなたを否定したりコントロールしようとする相手とは「これ以上仲良くならなくていい」くらいの開き直りも必要です。


たとえ批判されても、必要なければ受け流せば良いです。


相手に伝わる話のまとめ方

人間関係のトラブルの多くはコミュニケーションがうまくいかないことが原因で起こっています。


例えば「やってほしい」と頼んだのにやってくれない。


命令口調で言われる。無理なことばかり言われて困る。などなど。


話し手と聞き手の思いが噛み合っていない時、人間関係はギクシャクしてしまいます。


このミスマッチを防ぐために、ここからは【相手に伝わる話のまとめ方】を会員限定で解説していきます。


気になる人はプレミアム会員になって続きを読んでください^^


▼本記事の内容を音声で聞きたい方は、こちらからどうぞ^^

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

不満の背景には〇〇を求める気持ちがある

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇を主語にして表現する

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

相手の〇〇に対して気持ちを伝える

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

「〇〇〇〇〇〇」を使う実践トレーニング

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇〇〇〇〇で自己表現力を磨く

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=

Add a Comment