一歩踏み出せないあなたへ。漠然とした不安やモヤモヤとの付き合い方

   

公式LINEでは「今日の一言」を配信中

以下のアイコンをタップして
友だち登録をしてください♡

友だち追加

@482iugpe




【無料】メルマガ配信中

公式メルマガ




心理カウンセラー みほへの
ご相談はこちらまで

オンラインカウンセリングサービス

相談するだけで、心が軽くなる

キャリア・恋愛・人間関係の悩みを
幅広くサポート





こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「新しいことに挑戦して失敗したら、周りにバカにされるんじゃないかとか、自信をなくすんじゃないかとか、色々な不安があります。

そういう感情とどうやって付き合っていけばいいかわからず悩んでいます。」


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪


意識のベクトルはどちらに向いてますか?

ご相談を受けていると、ご本人の抱えている悩みやモヤモヤの原因が他人のことになっているケースがあります。


それだと自分自身がすごく辛くなるのではないかと思います。

  • 「〇〇さんみたいになりたい」

  • 「あの人には負けたくない」

  • 「自分はあの人にみたいにはできない」

このような気持ちを抱えている時、あなたの意識のベクトルはどちらに向いていますか?


自分でしょうか、それとも相手でしょうか?


ベクトルが自分に向いている以上、他人と自分を比べてしまったり、自分を否定する癖は直りません。


好きだと思ってやっているはずなのに退屈さを感じたり、窮屈さを覚えてしまうこともあります。

自分の現在の気持ちを知ることが大切

そんな時に自分に問いかけてみてほしいことがあります。

  • 相手を笑顔にできているかどうか

  • 相手の役に立つ行動をしているかどうか

  • 相手を喜ばせたり感動させることができているかどうか

もしこれらの答えがすべてイエスなら自信を持ってください♪


そうじゃない場合でも、焦らなくて大丈夫です。


まずは自分の現在の気持ちを知ることがすごく大切です。

  • 自分の本当の気持ちを知ること

  • その気持ちを相手に伝えること

この2つを意識的に続けてみてください^^

比べるべきは「過去の自分」

私が普段行っているメンタルトレーニングでは、自分を知るワークを通して本当の気持ちを探っていきます。


感情に蓋をしていると、一体自分がどんなことに興味があって何に夢中になれるのか?がわからなくなってしまいます。


大切なのは比べるのは他人ではなく過去の自分ということ☆

変えるのは相手ではなく自分だということ☆

私自身、カウンセラーとして活動し始めてから人生が変わりました。


目の前のクライアントが成長していく姿を見て、私自身も日々成長しています。


最近では「心理学やカウンセリングを活かした仕事をしてみたいです」というご相談も増えてきました。


そこで今回はカウンセリングなどの相談業で必要な共感スキルの磨き方について、私の経験談も踏まえながら解説していきます^^


気になる方はプレミアム会員になって続きを読んでください。


この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=

Add a Comment