言いたいことが素直に言えれば相手から好かれます。上手な自己主張の仕方を解説

   

この記事を書いている人
– Writer –


心理カウンセラー。

社会人学生として大学で4年間心理学と人間科学を学ぶ。

フリーランス として独立後、 インスタグラム(現在フォロワー数39,000人)有料ブログ(月間訪問者数16,000人)を開設してメンタルケアの方法を発信。

現在までに年間のべ7万人の方々の心の支援を行っている。

》詳しいプロフィールはこちら


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「もともと女同士のグループが得意じゃないので、ママ友の集まりが苦痛です。

仲良しママを作って頑張っていた時期もありました。

ですが私だけ誘ってもらえないことも多いと感じ、自分は好かれないタイプの人間なのかなと思います。

味方になってくれるわけでも、心を開いてくれるわけでもない、よそのママさんに好かれようと神経を使っています。

落ち込んで疲れて子供にも当たってしまう日々です…」

とお悩みではありませんか?


「同性と話すのが苦手で、すぐに話が詰まってしまう」

「考えすぎて、何を喋ればいいのか分からなくなる」

こんな悩みを抱える方は多いですよね。


会話は信頼関係の構築に必要不可欠なコミュニケーションです。

信頼関係を築けないと、親友どころか知り合いすら作れません。


コミュニケーションをする時に「相手が自分のことをどう思っているか」を意識しすぎると、緊張してしまう…というのは、もはや条件反射のようなものです。


克服するためにはトレーニングを重ねるしか方法はありません。

しかし難しいことではないので安心してください。


人間関係での悩みを改善するには、原因をしっかり把握して、段階を踏んでトレーニングをすれば問題なくクリアできます。


今回は「相手から好かれるための上手な自己主張の仕方」を紹介します。


本記事の内容

  • 「嫌」なことを嫌と伝えられればストレスはかなり減る

  • 相手の意見に100%納得できなくても、仲良くなれます


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

「嫌」なことを嫌と伝えられればストレスはかなり減る

そもそも自分の気持ちを分かっていない

誰かと話す時に怒りや悲しみなどのネガティブな気持ちを感じたくない。

そう考える人はたくさんいます。


すると、感情的になるような状況をできるだけ避けようとして生きていくようになるんですね。


例えば、仲のいい人と話すにしても情報交換だけの話が多くなったりします。


職場の人や友人との会話やメールの中身がただの情報交換に終わっていると、深い人間関係はできにくくなります。


日常生活の中で自分の気持ちを理解してそれを誰かに伝えるという経験が少なくなります。


なので、いつの間にか自分で自分の気持ちが分からなくなってしまうからなんですね。


  • 「人とうまく話せない」

  • 「何を言ったらいいのか分からない」

と悩んでいる人は、ここでつまずいている可能性が高いです。


人が「話したい!」と思う理由の半分以上は気持ちの交流です。

もしあなたが自分の気持ちが分からないなら当然何も話せません。


情報だけ聞かされた相手もあなたの気持ちが伝わってこないから、満足できないことも多いはずです。


あなたは今そのような落とし穴にハマっていませんか?

まずは自分の気持ちを知ることから始めましょう。


▼合わせて読みたい

Mindow.jp
Mindow.jp
https://mindow.jp/いつも他人にイライラ・ビクビクしてしまうワケ/
~ Window to the mind ~

「嫌なこと」こそ相手に伝えるべきである

あなたが今仲良くしたいと思っている”あの人”に、自分の気持ちを分かってもらいたいのであれば、あなたの気持ちが伝わるような話し方をする必要がありますよね。


「気持ち」は何も、喜びや感謝などのポジティブなものだけではありませんよ。


「私はこういうことは嫌いなんです」

というマイナスの感情だって当然持っているはずですから、それもきちんと相手に伝えてOKです。


相手と仲良くなるためにはお互いに相手の嫌がることをしないようにする配慮は必要不可欠です。


ということは、あなたが「嫌なこと」は相手に伝えた方が良いということになりますよね。


「そうなんだ~。

あなたはこういうことが嫌なんだね。」

と相手が受け止めてくれる関係ができると、相手のあなたに対する気遣いに感謝ができるようになります。


もしその時に、相手があなたのマイナスな感情を受け止めてくれないのであれば、そういう人とは距離を取ればいいのです。


▼合わせて読みたい

感情をぶつけずに自分の気持ちを伝える

嫌なことを嫌と言うのもとても大切なことです。

じゃあどう伝えればいいのか?


例えば、友人と待ち合わせをした時、相手がなかなか来なくてあなたがイライラしながら待っているとしましょう。


LINEに何の連絡もなく、約束の時間より遅れてきた友人に対して、

「連絡もしないで待たせるなんて、ちょっとひどくない!?」

とストレートにイライラをぶつけて非難するのは一方的すぎますよね。


仲良くなりたくて会おうとしてるのに、これでは逆効果になってしまいます。


こういう時は

「私あまり外で待たされるの好きじゃないんだぁ。

遅れそうな時は事前に連絡してくれると嬉しいな。

いつまで待てばいいか分かればイライラしないから♪」

という風に伝えれば相手も受け止めやすいです。


人間関係で悩みを抱える人は、自分の気持ちが相手に伝わりきれていない場合も多いです。


気まずくならずに「嫌」という感情を伝える練習をしましょう。

これが今のあなたの課題です。


ここからはさらに一歩踏み込んで、上手に自己主張をして相手に好印象を与えるコツをプレミアム会員の方限定で解説していきます。

相手の意見に100%納得できなくても、仲良くなれます

興味のない話で会話を〇〇〇必要はない

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

共通の〇〇がないと盛り上がらないは嘘

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

迎合はNG。相手との〇〇を受け入れる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

否定された時は相手の〇〇〇を一度聞く

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

意見の一致ではなく〇〇〇〇の気持ち

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a> <a href=

Add a Comment