怒られることや注意されることに敏感な性格を変えたい。恐怖を克服する方法

   

この記事を書いている人
– Writer –


心理カウンセラー。

社会人学生として大学で4年間心理学を学ぶ。

フリーランスとして独立後、 インスタグラム(現在フォロワー数42,000人)有料ブログ(月間訪問者数 最大16,000人/年間訪問者数89,000人)を開設してメンタルケアの方法を発信。

恋愛や結婚、人生に悩む方々のサポートを行なっている。

》詳しいプロフィールはこちら


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「私は敏感な性格でストレスと神経の高ぶりで胃が痛くなって過呼吸になることもあります。

相手の顔色を気にしすぎて苦しんでいます。

自分に厳しくてなんでも完璧にやらなければならない傾向があります。

不安定な情緒に左右されがちで物事に集中できません。

どのようにしてこの不器用な自分を受け止めればいいのでしょうか。」

とお悩みではありませんか?


気にしすぎる性格に悩む人は多いですが、気にしすぎるということはそれだけ周りの変化に瞬時に対応できる能力があるとも言えます。


別の見方をすれば相手の気持ちを察することができる分、共感能力も高いと捉えることもできます。


なので決して悪いことばかりではありません。


ですが、1つ大事なのはストレスの大きさや持続期間が自分の限界を超えないということ。


負荷が大きくなりすぎると敏感な心がさらに傷ついて回復できなくなってしまいます。


そこで今回は「怒られることや注意されることに敏感な性格を変えたい。恐怖を克服する方法」をご紹介します。


本記事の内容

  • 敏感な性格を変えるために今やるべきこと

  • 傷つきやすい心を癒して生きづらさを解消する方法


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

敏感な性格を変えるために今やるべきこと

ポイントは、自分がどうとらえるか?

いきなりですが、たとえば職場で仲良くしていた同僚があなたの陰口を叩いていることを知ったとしましょう。


そのせいで人を信用できなくなって、自分に笑顔で話しかけてくる人も

「本当は影で悪口を言ってるんじゃないか?」

と気にするようになってしまった…


今までは「そこそこ良い関係を持てていれば裏切られることはない」と思っていたのに、それが通用しなくなると辛いですよね。


敏感な性格を変えるためにまず押さえておきたいのは、他人を100%コントロールすることはできないということ。


陰口を叩くというのは心身の状態が健康な人が好んですることではありません。


おそらく相手にも何かしらの事情があるのでしょう。


あなたにできることは「自分なりの解釈をしてその中で納得しながら生きる」ということ。


あなたが気持ちよく挨拶したり誠実に接してるのに、相手が裏表のある態度を取ってくるのであればそれは明らかに相手側の問題と言えます。


それを自分のせいではなく相手の問題と割り切ることが大切なんですね。


▼合わせて読みたい

「なぜ?」を考えすぎないことが大切

また、信頼していたはずの相手から失敗を指摘されるとショックを受けてなかなか立ち直れなくなりますよね。


そういうときはつい

「なんでこの人はこんなに怒ってるんだろう?」

と考えて、

「自分が何か悪いことをしたのかな?」

と思い込みがち。


でもそこで「なんで?」を考え続けると、どんどんあなたが追い込まれて辛くなります。


事実として起こっていることは、たとえば相手が「良い上司」「良い夫」でいようとしてプレッシャーを抱え込むだけ抱え込んで、ある日突然それが爆発したということ。


本来自分が抱えきれないものを「良い上司」「良い夫」らしく振る舞いたくて抱え込んでしまった。


そしてそれが我慢できなくなって配慮のない言い方をあなたにしてしまった。


そうやって考えてみると、相手も実は気持ちに余裕がなくて心が悲鳴をあげていたということなのかもしれません。


▼合わせて読みたい

Mindow.jp
Mindow.jp
https://mindow.jp/marital-relationship-0630/
~ Window to the mind ~

支えてもらっているという感覚を持とう

敏感な性格で苦しい思いをしているときこそ、「人から支えてもらっている」という感覚を大事にしましょう。


一時的に道を見失っている場合、あなたを支えてくれる人は安全基地を提供してくれるんですね^^


「この人が支えてくれてるから大丈夫」

「こうやって支えてもらえる自分は大丈夫」

という感覚を持つことにもつながります。


ストレスが溜まってきたな~と思ったときは物理的にもいろいろとサポートしてもらう必要があります。


なので相手に事情をよく知っておいてもらうことは、不意打ちを食らわさないためにも重要になってくるわけです。


少し勇気を出して胸の内を相手に話した方が、はるかに事態を前進させられるしサポートも受けやすくなります。


自分の気持ちを素直に話すことで「大変なんだね」と共感してくれる人は案外多いものですよ^^

傷つきやすい心を癒して生きづらさを解消する方法

傷つきやすい心を持っている人は、相手や物事に対して期待が高すぎる傾向にあります。


50点のものを80点と思い込んでしまっているので、現実とのギャップに耐えられなくなったときに心が傷ついてしまうんですね。


ここを治していくことが今のあなたの課題と言えます。


ここからはプレミアム会員の方限定で【傷つきやすい心を癒して生きづらさを解消する方法】をご紹介します。


期待を下げれば生きづらさが解消されるということを頭に入れながら読み進めてみてくださいね^^


相手の〇〇〇でいることを今日でやめる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

自分の〇〇は自分で決めると心に誓おう

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

自ら作り出す〇〇〇〇〇〇に気をつける

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

「その程度の〇〇」と決めつけないこと

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇〇自分になることで恐怖を手放そう

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

本日のおすすめの1冊

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=
2 Comments

Add a Comment