いつも他人にイライラしてしまう理由と解決法【改善のコツ】

   

公式LINEでは「今日の一言」を配信中

以下のアイコンをタップして
友だち登録をしてください♡

友だち追加

@482iugpe




【無料】メルマガ配信中

公式メルマガ




心理カウンセラー みほへの
ご相談はこちらまで

オンラインカウンセリングサービス

相談するだけで、心が軽くなる

キャリア・恋愛・人間関係の悩みを
幅広くサポート





こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「ちょっとしたことで他人にイライラしてしまいます。

そしてそんな自分にイライラします…

うまく心を鎮める方法を教えてもらえると嬉しいです。」

このような悩みにお答えします。


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

いつも他人にイライラしてしまう理由と解決法

理由:人の気持ちを受け取ってしまう

カウンセリングのクライアントや仕事仲間、友達などから相談を受けた時、「いつも他人にイライラしてしまう」という悩みをよく聞きます。


そういう方って実は結構多いです。


イライラする気持ちも分かりますし、イライラすること自体は悪いことではありません。


新しい環境になったばかりの頃は特に感情も不安定になりやすいです。


「感情のコントロールができないのですが、どうしたらいいですか?」という相談も受けます。

イライラしやすい人は、人の気持ちを受け取りやすい人です。


例えば、会社で嫌なことがあったという友達の愚痴を聞いて、自分のことのようにイライラすることもあるかもしれません。


この時のイライラは、会社に向けられるのと同時に目の前の友達にも向けられています。


それは、友達の話に共感することがストレスになるからです。


友達の話に共感しても、その問題を解決するのはあなたではなく「友達自身」です。


なので友達に対して「これ以上ストレスを感じさせないで!」とイライラしてしまうのです。

周りに親しい人が多くいればいるほど、この”共感”が引き金になって、小さなことでイライラすることが増える傾向にあります。


▼合わせて読みたい

解決法:気づくこと

解決法は、「気づくこと」。


え?それだけ?と思うかもしれませんが、いつもは無意識でやっていることなので、気づけるだけでもすごく大きいんです。


イライラしてる自分に気づいたら、なるべく楽しい感情で終わるような対応をします。


あるいはイライラを飲み込んだ後、紙に書くなどして発散させましょう。

ポイントはイライラを相手にぶつけないということです。


もし余裕があれば、その時の状況をメモしておきます。

  • どんな状況の時にイライラしやすいのか

  • それによってどんな結果を得ているのか

  • 自分はどんな気持ちになっているのか

これを見える化します。


そうするとだんだん「自分の本当の気持ち」がわかってくるんです。

自分の本当の気持ちを知ろう

例えば友達との関係がギクシャクして、相手がイライラした状態で会話が終わった場合。


「私は自分の意見を言いたかっただけなのに、怒るなんてひどい」と思っているとします。


「私は怒ってる」が自分の本当の気持ちなのかというと、実はそうではありません。


この場合「私は不安。」が本当の気持ちです。


「自分が話をちゃんと聞かないと、友達との信頼関係にヒビが入ってしまうんじゃないか?」

「いつか友達の信頼を裏切ってしまったら?」

と考えて不安になります。


その不安を打ち消すために「怒るなんてひどい」と先手を打ってイライラしているんです。

  • 不安という気持ちを素直に伝えるためにはどうしたらいい?

  • 相手も自分も心地よくなれる関わり方は?

  • どういう時に自分は不安になる?

というところまで考えられたら、解決にグッと近づきます^^


一人で掘り下げるのが難しいという人は個別にご相談くださいね♪




》詳細はこちら




》詳細はこちら



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=

Add a Comment