相手からの評価が気になる…自己嫌悪を直して積極的な性格になりたい

   

この記事を書いている人
– Writer –


心理カウンセラー。

社会人学生として大学で4年間心理学を学ぶ。

フリーランスとして独立後、 インスタグラム(現在フォロワー数51,000人)有料ブログ(年間訪問者数89,000人)を開設してメンタルケアの方法を発信。

恋愛や結婚、人生に悩む方々のサポートを行なっている。

》詳しいプロフィールはこちら


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「私は物事を深読みしてしまうタイプなのですが、つい相手の領域に入って軽率な発言をしてしまうことがあります。

帰ってきて1人になると『あれまずかったなぁ』と自己嫌悪をして一人反省会をよくします。

相手からの評価も気にしがちで、常に顔色を伺って相手がしてほしそうな対応をしてしまうんです。

もっと自分らしく積極的な性格になるには、どうしたらいいんでしょうか?」

とお悩みではありませんか?


「自分のことより周りを先に見てしまう人は、責任感や義務感などから、より正しいと思われる方を選んでいます。

そのため知らず知らずのうちにストレスが溜まっているのだと思います。

ですが今の状況はあなたのせいではありません。

そして解決する方法は必ずあります。」


本記事の内容

  • なぜ相手からの評価が気になるのか

  • 簡単な頼みごとからチャレンジする

  • 自己嫌悪を直して積極的な性格になる方法


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

なぜ相手からの評価が気になるのか

その①自分のせいだと思い込んでいる

相手からどう思われるか気にしすぎてしまう人は、何かトラブルが起こるたびに「自分のせいだ」と思い込んでしまう癖があります。


何もかも自分が悪いと思ってしまうとモヤモヤがどんどん大きくなって、心が休まることがありませんよね…

以前メールカウンセリングをご利用いただいた方の中で「私は自己管理ができないから、風邪を引きやすいんです」という方がいました。


風邪を引いたのは無理がたたって免疫力が落ちていたとか、誰かから風邪が移ったなどさまざまな原因が考えられるはずです。


でもその全てを「自己管理」で片づけて自分を責めてしまうと、自分が苦しくなってしまいますよね。


ワンポイントアドバイス

日常のトラブルや問題を何でも「自分のせい」にするのはやめましょう。


なぜなら「自分のせい」にすることは自己否定にしかつながらず、問題解決にならないからです。


自分を責めるよりも「どうしたら自分にとって良いかな?」とポジティブに考える方が、物事もスムーズに進みますよ☆


▼合わせて読みたい

その②我慢していることに気づいていない

また、自己嫌悪になりやすい人は自分の気持ちを抑えることに慣れてしまっています。


すると我慢してることに気づけず知らないうちにストレスが溜まって1人で抱え込んでしまうことに…

例えばどんなに大きなコップでも水を注ぎ続けたらいつしか水が溢れてしまうように、心の中も同じことが起こっています。


体の疲れや心のモヤモヤも、解消せずに溜めてばかりいたら溢れかえってしまうんですね。


でも、いっぱいいっぱいになった時に「自分の器が小さいからだ」と自分を責める必要はありません。


今の自分はどのくらい我慢してるか?

その代わり「今、自分はどのくらい我慢してるかな?」と考える習慣をつけてみてください。


職場や家でこまめにチェックする癖をつけることで、自分の我慢の度合いに気づきやすくなるのでオススメですよ♪


相手からの評価が気になって自己嫌悪になっている時こそ、休むきっかけを多めに作ることが大切です。


▼合わせて読みたい

簡単な頼みごとからチャレンジする

自己嫌悪に陥りやすい人は、焦りやすかったり思い込みが激しい傾向にあります。


心当たりのある方は、ほんの少し勇気を出して周りに頼る癖をつけてみてほしいなと思います。


例えばスーパーで

  • 「頭痛薬はどこに売ってますか?」

  • 「この商品とあの商品の違いは何ですか?」

など、ちょっとしたことを店員さんに聞いてみます。


これを繰り返すうちに他人に質問をすることにも慣れてきて、「相手は私の質問に答えてくれてる」という経験が増えていきます。


周りに助けを求められるようになる

すると仕事や家事で困った時にすぐ周りの人に質問したり助けてもらうことが抵抗なくできるようになっていくんですね。


これが自信をつけることにつながっていきます。


結果的に自分1人で抱え込むことから抜け出して、もっとオープンな人間関係を作るトレーニングができるようになります^^

自己嫌悪を直して積極的な性格になる方法

「自己嫌悪さえ直れば、もっと楽になるのに…」と思っているかもしれません。


このような不満の影には「本心をさらけ出せない」という苦しみが隠れています。


私も長年同じような悩みを悶々と抱えていたので気持ちが分かりますが、経験者だからこそ言えることがあります。


それは「本心をさらけ出したら嫌われる」という考えは間違っているということ。


特に失敗談や弱点を打ち明けるほど楽になるんです。


それをご理解いただいた上で、「自己嫌悪を直して積極的な性格になる方法」を読んでみてください♪


感情を一定に保つコツは〇を張ること

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

目の前の相手を〇〇〇〇で分けない

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

嫌な出来事・人間関係こそ〇〇にしておく

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

「ちょっと〇〇〇」でストップさせる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

初めから何もかも〇〇すると考えない

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

本日のおすすめの1冊

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=
2 Comments

Add a Comment