【徹底解説】他人に振り回される人の特徴と上手な対処法【自分らしい生き方】

   

公式LINEでは「今日の一言」を配信中

以下のアイコンをタップして
友だち登録をしてください♡

友だち追加

@482iugpe




【無料】メルマガ配信中

公式メルマガ




心理カウンセラー みほへの
ご相談はこちらまで

オンラインカウンセリングサービス

相談するだけで、心が軽くなる

キャリア・恋愛・人間関係の悩みを
幅広くサポート





こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「考えすぎる性格を直したいです。

他人の発言を深く考えてしまい、ネガティブな想像をしてしまいます。

どうしたらよくなりますか?」

このような悩みにお答えします。


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

他人に振り回される人の特徴と上手な対処法

特徴①過去の出来事を思い出している

対処法をご紹介する前に、まずは他人に振り回される人の特徴について話していきます。


原因が分かっていないと適切な対処もできないので、何事においても「どうしてそうなるのか」を知ることが大切です。


多くの人は、疲れてる時とかイライラしてる時に、その時の気分と似たような出来事を思い出しやすくなる傾向があるんです。


どういうことかと言うと、例えば仕事で上司から指摘されたとします。


そうすると、過去に似たような場面で落ち込んだり傷ついたことを思い出しやすくなります。


「また上司から指摘されたよ…

そういえば先月もこんなことがあった。

考えてみれば、学生の頃も先生から同じような指摘をされたな…

もっと言えば親からも、このことで指摘されたことがある。

なんで私ってこうも出来が悪いの?」

という感じに。


本当は学生時代で充実していたことや、親から褒められたこともあったはずです。


なのに、それには意識が向かず、今上司から指摘されたことに焦点が当たって、振り回されてしまうんです。


▼合わせて読みたい

特徴②1つの出来事をネガティブに考えすぎる

先ほどの例で言えば、上司から指摘された時に落ち込んだり傷つくこともあると思います。


ですが、これはあなたが1つの出来事をネガティブに考えすぎる癖を持っているからなんです。


上司が指摘したのはあなたの「書類のミス」とか「言葉の使い方」などであって、人間性を否定したわけではありません。


友達や家族といる時のあなたや、趣味を楽しんでいる時のあなたに対して、上司は何も指摘していません。


「あ~また言われた。

私(俺)はこの人とは合わないんだ。

もうやっていけない!」

「もうダメだ…」

と思っているのであれば、あなたが1つの出来事をネガティブに考えすぎているサインです。

対処法:バケツの水に落ちた墨をイメージ

対処法としては、バケツの水に一滴落ちた墨を広げないようにするイメージを持ちましょう。


「今回の上司の指摘は、他の仕事をしてる時の私(俺)への評価とは関係ない。

プライベートな自分や、自分の人格を否定されたわけじゃない。」

自分に対してこんな風に声かけをしてみても良いです。


とは言っても「私(俺)は本当に日頃からミスが多いんです。上司の指摘は正しいんです。」という人もいると思います。


もし本当にミスばかり繰り返しているとしても、落ち込んだところでミスすることは、なかなかすぐには直りません。


本当に直したいなら、どこをどういう手順で間違えたのかを客観的に振り返る必要があります。


そこから地道にミスをしない仕事のやり方を考えていくことが大切です。


気持ちを立て直すためには、

「ミス1つしない完璧な人間なんて存在しない。1つずつ直していこう。」

と考えるようにしましょう。


我慢しすぎたり自分を責めすぎると、心が削れていってしまいます。


手遅れになる前に早めに考え方の癖を直して、適切な対処を行うことが大切です^^


「どうせ分かってもらえない」と諦める前に、思い切ってさらにその先まで考えてみる。


自分のためにも、もう少しだけ努力してみる。


その、ひと踏ん張りが必要かもしれません。




》詳細はこちら



》詳細はこちら



》詳細はこちら



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=

Add a Comment