変わりたいけど変われない…から抜け出す方法【あなたのせいじゃない】

   

この記事を書いている人
– Writer –


心理カウンセラー。

社会人学生として大学で4年間心理学を学ぶ。

フリーランスとして独立後、 インスタグラム(現在フォロワー数52,000人)有料ブログ(年間訪問者数89,000人)を開設してメンタルケアの方法を発信。

恋愛や結婚、人生に悩む方々のサポートを行なっている。

》詳しいプロフィールはこちら


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「変わりたいけど変われない自分に葛藤しています。

何をやってもダメで行動が伴わないのが辛いです。

ずっと泣いてます。努力もしてます。

でもなかなか変われない時、どうやって乗り越えていけばいいですか?」

とお悩みではありませんか?


「形として努力した結果は出ていないかもしれませんが、それはあなたのせいではなく、環境との相性によるもの。

変われない自分に葛藤しているのは、まさに頑張ってきた証拠です。

苦しい思いをしながら頑張り続ける人生ではなく、もっと楽に温かく生きていく人生を歩みましょう。」


本記事の内容

  • 変わりたいけど変われない…から抜け出す方法

  • 幸せな結婚生活を維持するためにやるべきこと


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

変わりたいけど変われない…から抜け出す方法

「できてないところ」を探すのをやめる

変わりたいけど変われない時に周りから「もう頑張らなくていいよ」と言われるとホッとする。


でもそれと同時に「本当にそれだけでいいのかな?」と疑問が湧いてくる。


そんなことがあると思います。


きっと今までの人生の中で「努力してよかった」と思えた瞬間もたくさんあったのではないでしょうか?


それは考え方の癖のせいかも

でも、泣くほど努力してるのに行動が伴わないというのは、一言で言えば「どれほど努力しても足りてないと感じてしまう考え方の癖」があるということ。

もう十分に努力したのだから、今はこのくらいでやめた方がいいのではないか。


こういう感じ方ができなくなるのが「頑張りすぎ」のサインです。


ひとたびそういうモードに入ってしまうと、どれだけ努力しても「もっと努力するべき」「まだまだ足りない」と思ってしまうので、どんどん葛藤が大きくなって空回りしていきます。


葛藤から抜け出す近道は…

「どれほど努力しても足りてないと感じてしまう考え方の癖」をなくすことが、今あなたが抱えている葛藤から抜け出す一番の近道です。


▼合わせて読みたい

「ポジティブ思考」をやめる

もちろん、「何をやってもダメ」と感じるのにはそれなりの事情があると思うんです。


忙しすぎるとか、環境が悪すぎるとか、周りの人からひどいストレスを受けているなど。


自分ではどうしようもない条件が重なって心がボロボロになっているのかもしれません。


心をボロボロにする原因はこれ

でも最終的に心をボロボロにするエネルギーを作り出すのは、実は自分の頭の中なんです。

葛藤に拍車をかけるのが、「今の状況をどう捉えるか」ということ。


こういうことを言うと「じゃあポジティブ思考になればいいんですね」と言う方がいます。

  • 「大丈夫。自分ならできる」

  • 「この逆境も自分の成長のための糧」

など、ポジティブな考え方はいくらでもあります。


でもこの記事を読まれている方には、そういうポジティブ思考をあえて避けていただきたいのです。


というのも、おそらくあなたはすでにそういう考え方を試みてきたと思うからです。


それでもうまくいかなくて現状があるのですから、そもそもポジティブ思考をおすすめする意味がありません。


▼合わせて読みたい

一人で抱え込まずに誰かに話してみる

変わりたいのに変われなくて、何をやってもうまくいかない時、人は「もう二度と傷つきたくない」というモードに入ります。

  • 「信じられない」

  • 「これが現実じゃなきゃよかったのに」

と現実を認めたくない思いから、

  • 「もう終わりだ」

  • 「自分は二度と立ち直れない」

という絶望の気持ちに進んでいきます。


このプロセスを進んでいく際には、できれば人に支えてもらうことが望ましいものです。


自分の頭の中だけで考えるのはNG

なぜなら、自分の頭の中だけで考えているとどうしても「変われない自分」という色メガネによって現実が歪んで感じられてしまうからです。


本当は「仕方のなかったこと」なのに、「自分がもう少し努力していれば」などと非現実的なことを考えてしまうということ。


人が寄り添ってくれていれば、

「誰がやっても難しかったと思うよ。単に運が悪かっただけ」

と言ってくれるでしょうが、自分1人だとどうしても自虐的な方向にズレてしまいます。


なので、できるだけ客観的に見てもらった方が良いのです。


「何とかなるよね」という気持ちが大事

そして「人から支えられている」という感覚を持てると、「まぁ何となるよね」という気持ちを取り戻していけます。



人の顔色を伺うのをやめる方法

葛藤を抱えて辛い状況にいても、出口(=解決の糸口)が見えていれば希望も持てます。


でも出口が見えずに「あれもできてない」「これもできてない」という気持ちが一定期間続いているようなら、これ以上心をボロボロにしないように「人の顔色を伺うのをやめる方法」を読んで、癒しに入る必要があると思います。


自分を〇〇〇習慣をつけよう

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

無理な〇〇〇を一度やめてみる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇思いの自分を認めることも大切

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

「 〇〇〇はいけない」を手放そう

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

心のモヤモヤを〇〇〇に見立てる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

本日のおすすめの1冊

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=
3 Comments

Add a Comment