楽しく生きる3つの考え方

   

どうすれば楽しく生きれるのか知りたい方へ。

毎日つまらなく感じている。

もっと楽しく生きたい。

つまらない日々を乗り越える対処法があれば、知りたい。 と考えていませんか?

生きるのが楽しくなる3つの考え方

自分で自分を満たす

まずは自分で自分の感情を満たすことから始めましょう。

余裕が生まれて他人のことを気にかけることができるようになります。

そして、相手に対して見返りを求めなくなるので、結果的に大切にされ愛されるようになります。

「人間関係の悩みが尽きなくて人と関わるのが怖い。」

という方。

人と関わるのが怖いのなら、まずは人と関わる機会を減らしてみましょう。

仕事や日常生活に支障が出ない程度にしましょう。

  

「大好きだった人と別れてから毎日悲しくて不安しかない。」

という方。

大切な人との別れは辛いものです。

誰でも悲しくて不安になります。

まずは急な環境の変化に少しずつ慣れることから始めましょう。

  

「仕事して帰ったら疲れて寝るだけで、前向きな気持ちになれない。」

という方。

睡眠時間は足りていますか?

体は資本ですので、健康第一を努めましょう。

  

「怖い」「悲しい」「不安」「疲れた」

このような感情は我慢しすぎると、
後になってから倍以上の大きさに膨れ上がって、返ってきます。

自分は今こういう感情を持っているんだ。 という事実を認めて、その感情を満たしましょう。

人は、思いっきり感情を感じきってしまうと、意外とスッキリしてケロッと元気に戻る瞬間があります。

なので、自分で自分の感情を満たしましょう。

部屋の掃除と整理整頓

部屋の掃除と整理整頓をしましょう。

「なんかつまらないな〜」と感じている時、

まずは部屋が片付いているかどうかを確かめてください。

部屋が散らかっているとストレスが溜まります。

イライラして、仕事や勉強に集中できなくなります。

歩いたら床に落ちている何かを踏んで、

キッチンに行ったらシンクが洗い物で溜まっていて、

洗面所は大量の洗濯物で溢れている。

「こんな部屋、人呼べない!」

「物がありすぎてどこから片付ければいいか分からない…」

という経験を一度でもしたことがある方はいるのではないでしょうか。

  

部屋が綺麗だと無意識に、

「私はこの綺麗な部屋に値する人間だ」

と考えるようになります。

綺麗な場所はなるべく綺麗なままで保ちたいという気持ちが湧いてきます。

そして、整理整頓することによって目に入る情報量が減るので脳が疲れにくくなります。

一度片付けをしたらその後また散らからないような工夫をして整理整頓をすると良いです。

自分の部屋は、いつでも居心地がよく過ごしやすい環境を整えておくことが大事です。

なので、まずは面倒臭がらず部屋の掃除から始めてみましょう。

感謝日記を書く

感謝日記を書いてみましょう。

なぜなら、自分の心が見ている対象を変えることが、自分の幸せにつながるからです。

感謝日記とは、その日1日に起こったことで感謝できることを書いていくものです。

内容はなんでも構いません。

「今朝も美味しい朝ごはんが食べれた」

「店のスタッフの対応が良くて穏やかな気持ちになった」

「会社の先輩がお菓子をくれた」

「好きなドラマを時間通りに観れた」

など、小さなことでオッケーです。

日記に良いところは、

「相手に直接ありがとうと伝えるのは恥ずかしい」「特定の人に感謝を伝えられない」

という人でも気軽に始められることです。

  

具体的に自分が何に感謝してるのかを言葉にして書き出すことで、

「自分が感謝できるような人がいる。

自分とつながりを持ってくれる人がいる。

自分もいつか人に恩返しができるようになりたい。」

という気持ちを持つことができます。

感謝されるのを待つのではなくて、積極的に感謝しましょう。

「私は与えてばかりで周囲は何もしてくれない」というストレスを抱えることが少なくなります。

  

さらに、
相手に感謝することで、その相手に対して心をオープンにしていくきっかけにもなります。

感謝日記を書くことで感謝する習慣をつけましょう。

これが自分の幸せにつながります。

人生がつまらないと感じる時にやるべきこと

環境を変える

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

友達を変える

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

目標を変える

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

Add a Comment