【徹底解説】他人に振り回される人の悪い考え方の特徴と上手な対処法

   

こんにちは、メンタル心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「考えすぎる性格を直したいです。

特に他人の発言を深く考えてしまい、ネガティブな想像をしてしまいます。

どうしたら良くなりますか?」

「旦那の顔色ばかり伺う生活をしています。

そんな自分にイライラして疲れてしまいます。

どうやったら自信を持って行動できますか?」

とお悩みではありませんか?


本記事では

  • どうして他人に振り回されてしまうのか

  • 他人に振り回されなくなる強いメンタルの作り方

という内容で解説していきます。


本記事を読むことで

  • 他人に振り回されてしまう原因

  • 考えすぎて振り回されることから解放される方法

  • 取り越し苦労をなくす考え方の変え方

  • ネガティブな思い込みのメカニズムと改善法

が分かります。


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

どうして他人に振り回されてしまうのか

1つの出来事を大きく広げて考えている

対処法を解説していく前に、まずは他人に振り回されてしまう原因について話していきますね。


原因がきちんと分かっていないと適切な対処ができませんから、何事においても「どうして」そうなるのかを知ることが大切です。


夫(妻)や、仕事の上司、あるいは習い事の先生から自分のミスを指摘されたことがある方もいると思います。


例えば、夫に

「今のお前の言い方、上から目線でイラっとするんだけど」

と言われた場面を想像してみてください。


その瞬間に落ち込んだり傷つくこともあると思います。

しかし、それはあなたが1つの出来事を大きく広げて考えてしまう癖を持っているせいなんですね。


夫が指摘したのはあくまでもあなたの「今の言い方」であって、あなたの人間性全体を否定したわけではないですよね。


  • 子供やママ友といる時のあなた

  • 趣味を楽しんでいる時のあなた

に対して、夫は何も指摘をしていません。


「あぁまた言われた!

私はこの人とは合わないんだ。

もうやってけない!」

と考えないにしても

「はぁ、ダメだー」

と思っているのであれば、それはあなたが1つの指摘を全体に広げている証拠です。

過去の出来事を芋づる式に思い出す

私たちって、疲れてる時とかイライラしてる時に、その時の気分と似たような出来事を思い出しやすくなる傾向があるんですね。


どういうことかと言うと、夫にあなたの上から目線の言い方を指摘された場面では、過去に似たように落ち込んだり傷ついたことを思い出しやすくなるんです。


「あぁ、また上から目線の言い方について言われたよ…

そういえば先月もこんなことあった。

考えてみれば学生の頃、親友にも同じような指摘をされたなぁ。

もっといえば親からもこのことで叱られたことがある。

なんで私ってこうも出来が悪いの?」

こんな感じに。


本当は学生時代で充実してたことや、親から褒められたこともあったはずです。


なのに、それには目が向かずに今の落ち込みと一致していることばかりにわざと焦点を当ててしまうんですね。


このような考え方の癖が、あなたが他人の言動に振り回される原因の1つです。

自分中心の物の見方で取り越し苦労

もう1つ、こんな場面を思い浮かべてみてください。


PTAで一緒に当番をしなければならない保護者が、今日はイライラしている様子で挨拶をしてもそっけない態度をしたとしましょう。


「もしかして私何か変なことしたかな!?」

と考えてしまいますよね。


実はこれも、他人に振り回されやすい人が持っている考え方の癖です。

「自分に関係のないことまで自分に原因があるかのように考えてしまう」

ということですね。


でもよく考えれば、保護者のそっけない態度の原因は他にあるかもしれないですよね。


  • 昨日の夜から体調が優れない

  • 子供に対してイライラしていた

という可能性もあります。


人ってどうしても自分中心に物事を見てしまいがちなんです。


自分を中心に世界が回っていて、自分の身の回りに起こることは全て自分が原因だと思っているのは特に小さい子供の頃です。


「ママが病気になったのは私のせいだ」

「僕がちゃんと毎日世話をしてあげなかったからペットが死んじゃった」

とかです。


でも大人になるにつれて

「親の病気はウイルスのせいで、自分のせいではない」

「ペットに寿命がきたから死んだんだ。

俺のせいじゃない」

と、別の要因について考えられるようになりますよね。


それにもかかわらず、疲れていたりイライラしてる時は、大人でも冷静で客観的な判断が難しくなります。


別の要因について考える負担を減らすために、自分中心の物の見方をして「自分のせいかも」と考えてしまうんです。


相手の不機嫌そうな様子を見ると

「これ以上火に油を注がないように黙ってよう…」

とか

「地雷を踏まないように気をつけよう…」

と考えて、勝手に憶測を始めます。


もし不用意に地雷を踏んだら今度は自分が怒鳴られるかもしれないですからね。

この憶測が

「自分に関係のないことまで自分に原因があるかのように考えてしまう」

という考え方の癖に拍車をかけているんです。


そして人間関係の悩みが膨れ上がって取り越し苦労が尽きなくなっていくわけです。


我慢してやり過ごすほど、心が削れていきますからね。

手遅れになる前に早めにあなたの悪い考え方の癖を直していくことが大切ですよ。


ここからはプレミアム会員の方限定で

  • 考えすぎて振り回されることから解放される方法

  • 取り越し苦労をなくす考え方の変え方

  • ネガティブな思い込みのメカニズムと改善法

を解説していきます。

他人に振り回されなくなる強いメンタルの作り方

落ち込む代わりに〇〇〇する

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

問題がこじれる前に〇〇〇な理由を聞く

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

親に刷り込まれた〇〇〇思考から離れる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

思い込みの〇〇〇〇〇を交換する

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

3つの思い込みに隠されているもの

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a> <a href=
4 Comments

Add a Comment