ストレスとうまく付き合う方法

   

どうやったらストレスとうまく付き合えるのか知りたいという方へ。

人間関係で悩んでいて、気持ちが不安定になってどうしていいか分からない。

ストレスが溜まってつい食べ過ぎてしまって困っている。

ストレスと付き合う時にやった方がいいことなどがあったら、ついでに知りたい。 と考えていませんか?

どうやったらストレスとうまく付き合えるのか

全て受け止めない

相手から言われたことを全て受け止めて、自分の中に取り込まないようにしましょう。

人には相性があります。

好き嫌いだけでは割り切れないことがあるのは普通のことです。


相手が何か気の障ることを言ってきた時、

「出来が悪くてすみません。どこを直せばいいですか?」と尋ねることはやめましょう。

ストレス(特に人間関係のストレス)は、相手に振り回されることで生まれるものが多いです。

自分の意思をしっかりと持って決定権は常に自分が握ることが大切です。

大人のマナーとして相手の意見を尊重することは大事ですが、相手の価値観まで背負う必要はありません。

あくまで「私は私の目的のために生きている」ということを忘れないようにしてください。


無理をしないコミュニケーションが自然体で付き合える仲間を引き寄せる一番の近道です。

無理をするのは、仕事上どうしても仲良くしなければいけない相手だけにしましょう。


自分と意見の合わない人や、自分のことをいつも批判してくる人とばかり無理して付き合っていると、エネルギーが浪費されます。

不安になる時間とエネルギーがあるなら、どうやったらその状況を改善できるかを考えた方が良いです。

重く受け止め過ぎない精神を持ちましょう。

プラス思考能力を高める

ストレスをストレスと感じないプラス思考能力を高めましょう。

きっとうまくいくと楽観的になり、嫌なことは蒸し返さず溜め込まないようにしてください。

ポジティブな人の周りには同じようにポジティブな人が集まります。


「頑張ったのに上司の期待に応えられなかった…だんだん無気力になってきた。」

「仕事の責任が増えてプレッシャーに押しつぶされそう。」

など、人はストレスを感じた時、ついネガティブな反応をしてしまいます。


感情と体はつながっています。

「なんで期待に応えられなかったんだろう…」と家に帰ってきてから考え始めるようになります。

「こんなこと考えて自分は何してるんだろう…」と考えます。

そしてやがて「そういえば私、前にも同じようなミスをしたことがあったなぁ…」

という感情が生まれ始めます。

それが後に身体の不調として現れるようになります。

例えば、眠れない、食べ過ぎるなどです。


ネガティブな感情はネガティブな行動を助長します。

ポジティブとネガティブの比率は3:1と言われています。

嫌なことがあったら、最近あったいいことを3つ思い出して書き出してみましょう。


また、相手の心は読みすぎないことが大切です。

本人に確認しない限り相手が何を思っているかは分からないからです。

勝手に推測して傷ついたり落ち込んだりしているのなら、それは無意味なのでやめましょう。

他人や環境のせいにしない

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

ストレスと付き合う時にセットでやるべきこと

自信がなくても信じ込む

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

相談する相手を見つける

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

相手に期待しない

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

Add a Comment