【ご紹介】パニック障害への賢い適応法と、苦痛を減らす3つ+αの極意

   

こんにちは、メンタル心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「パニック発作が起こって困っています。

人の声が怖くて手足が震えて過呼吸になってしまったり、狭い場所に行くと怖くて動けなくなります。

今まで送れていた生活が全くできなくて辛いです…」

「子供を産んでから心身の調子が優れず、パニック障害になってしまいました。

普通に家事や育児はできるので生活に支障はないのですが、こんな自分が情けないです。

何か対処法が知りたいです。」

とお悩みではありませんか?


本記事では

  • どうしてパニックになってしまうのか

  • パニック発作が起きた時の苦痛を減らす極意3つ+α

という内容で解説していきます。


本記事を読むことで

  • パニックになってしまう根本的な原因

  • パニック発作が起きた時の適切な対処法

が分かります。


さらに…

「パニック障害ではないけど、人前に出るのが苦手」

「人よりも不安を感じやすい」

と悩んでいる方は、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。



Mindow.jp
Mindow.jp
https://mindow.jp/【1週間実践】不安を感じやすい人が知っておきた/
~ Window to the mind ~

⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

どうしてパニックになってしまうのか

「みんなと違う」と思われることが怖い

パニックが起こってしまう原因として、心の奥底で

「みんなと違うと思われることが怖い」

「変わった人と見られることが怖い」

という思いを抱えていることがあります。


これは

「みんなと同じように見られたい」

という意識が強いために起こるものであり、自分と他の人の行動や言動をいつも見比べてしまうんですね。


そのために、自分を「変な特徴を持った人間」と捉える傾向があります。


そしてそれを過度に気にしてしまっている場合がよくあります。


例えば、誰かと話している時に

  • 目を合わせてる時間が長すぎないか?

  • 口を開けすぎて歯茎が見えてしまわないか?

と考えてしまったり、


外を歩いている時に

「後ろに並んでいる人を意識すると、下半身が硬直して動悸も始まって…

歩き方が不自然になってしまいます。」

というように、自分や他人の細かい部分に目が向いてしまうんですね。


そうすると自分の変なところを証拠立てるようなことばかりが目につくようになっていきますよね。


そして結果的に「自分は変な人だ」という確信を強めることになってしまうのです。

生まれつき敏感な気質の子供だった

ちょっとした温度の変化や、大きな音、眩しい光などに敏感な人は、赤ちゃんの頃から敏感だった傾向にあるんですね。


ご自身の子供時代を思い出してみて、

  • 環境の変化に慣れるのに時間がかかったり

  • 人見知りで大人しい性格だった

ということはないでしょうか。


実際に私は子供の頃、人の多い場所に行っても全く泣かずに大人しくしていたそうです。


ただ、人見知りや場所見知りが激しくて人の輪に入れない子供でした。(母親談)


人との関わり方や環境への適応法などは、子供(だいたい1~2歳くらい)の頃ですでに7割程度決まると言われているんですね。


ちなみに現在お子さんがいて、お子さんも人や環境に対して敏感な傾向が見られる場合は、少し大きくなると以下のような特徴を持つ可能性が高くなります。


特徴①物事を深く考えすぎる

  • 色々と考えすぎて行動を起こすのに時間がかかる

  • なかなか決断できない

  • 過去のことを引きずりやすい

などですね。


特徴②感受性が豊かで共感力が高い

物事を深く考えるので、人の気持ちを読み取る能力や共感能力が必然と高くなります。


これは長所と言えるのではないかと思います。


特徴③他人の顔色を敏感に察知する

相手の話したことのニュアンスや声のトーンなどに敏感に意味を感じ取ることもあります。


ただ、これができるということは結構繊細なので、集団行動が苦手で友達関係にも苦労を覚えやすいことがよくありますね。

表の行動と内面とのギャップを埋める

みなさんは思春期を迎えた時、人前で見せる行動と実際の自分との間にギャップを感じた経験はありませんか?


  • 友達同士でわざと悪い言葉遣いをしたり

  • 先生や大人に反抗してみたり

など…


隠している本当の自分を知られるのが恥ずかしかったり怖くなったりしますよね。


特にそれが自分の劣等感に関わることだと、自分の劣等感が刺激されるような場所や相手を避けるようになりますよね。


例えば、仕事の時は大丈夫なのにプライベートの時にパニック発作が出やすい場合。


「仕事の時は自己主張もできて誰とでも話せるのに、

プライベートになると途端に不安になってパニック発作が出てしまう…」

という人がいます。


これは

「自分は幅が狭いつまらない人間だ」

という劣等感を持っていて、それを知られていることを恐れているからなんですね。


パニック発作がひどくて、医師から処方された薬を服用しているという人もいると思います。


でも、薬の効果って3年くらいしかありません。


根本的な改善を望むのであれば、

「パニック発作が起こる場所や人を目の前にしても、上手に適応できるメンタル」

を作ることが必要不可欠なんですね。


今始めないと、3年後にまた同じことで悩む可能性が上がります。


ここからご紹介する、パニックになった時の苦痛を減らす極意を参考にして、ぜひ安心した生活を取り戻してくださいね。

パニック発作が起きた時の苦痛を減らす極意3つ+α

辛くなったら過去の〇〇〇〇〇〇に浸る

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

発作の〇〇が低い場面を繰り返し体験

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

場面ごとに〇〇〇〇〇を主観的に把握

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇〇〇〇で出来るところから始める

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

家族との〇〇〇〇+耐えられる心=改善

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=

Add a Comment