【後編】ネガティブ思考をポジティブに変えるコツとは【状況を客観視する】

   

こんにちは、メンタル心理カウンセラーのみほです。

以前インスタグラムでこのような投稿をしました。


「恋愛も仕事も順調だったのに、彼と別れてから仕事でミスが増えて怒られることも多くなりました…

自分なんかいない方が良いのではないかと考えてしまいます。」

「他人から言われたことを気にして、傷つきやすい性格をどうにかしたいです。」

とお悩みではありませんか?


本記事は「【前編】あなたが知らずに持っている考え方の癖とは【修正法教えます】」の後編となります。


Mindow.jp
Mindow.jp
https://mindow.jp/【前編】あなたが知らずに持っている考え方の癖/
~ Window to the mind ~

本記事を読み進めるにあたって、ぜひセットで読んでいただきたい記事です。


本記事では

  • どのような考え方の癖が原因で悩んでしまうのか

  • ネガティブな考え方の癖の直し方

  • 現在の悩みを解決する際にセットでやるべきこと

という内容で解説していきます。


本記事を読むことで

  • 無意識に陥っているネガティブな考え方の癖

  • ポジティブ思考に変えていく具体的なやり方

が明確に分かるようになります。

どのような考え方の癖が原因で悩んでしまうのか

陥りやすいネガティブ思考の癖

以前、私たちには知らず知らずのうちに持っている思い込み(考え方の癖)があるという話をしました。

そしてその考え方の癖は大まかに7種類に分けることができます。


もう一度振り返るとこんな感じです。

⬇︎「7種類の考え方の癖 一覧」

  1. 些細なことを大きく広げて考えてしまう

  2. 自分の関係ないことまで自分に原因があると考える

  3. 根拠がないのに焦ってネガティブに考えてしまう

  4. 事実ではなく自分の感情を元に、勝手に状況を判断する

  5. 「正しいか、悪いか」「敵か、味方か」など極端な判断をする

  6. 「~すべき」「~しなくちゃダメ」という考え方をする

  7. 自分の欠点を過大評価し、成功を過小評価してしまう


今回はこれらのうち、後半の3種類の考え方の癖の特徴と修正法を詳しく解説していきます。

「正しいか、悪いか」など極端な判断をする

正しい ⇔ 悪い
100 ⇔ 0
味方 ⇔ 敵
Yes ⇔ No

など、完璧主義に近い考え方を持っています。


例えば、

「有名企業には入れないのなら就職したくない!」

「家事も育児も完璧にこなさなければ、完璧な母親とは言えないわ…」

のような高すぎる目標を作って、その目標に達しない限り価値は認めないという考え方です。


この考え方は

  • 人間関係に摩擦を生じさせる

  • 完璧を求めるあまりむしろ活動的ではなくなる

  • 抑うつ状態になりやすくなる

というデメリットが生じます。

「~すべき」という考え方をする

例えば、「やるべきことは途中で投げ出すべきではない」などです。


自分の正しさが証明できなかった時に、

  • 不甲斐なさを感じて自分を責める

  • 抑うつ状態に陥る

ことがあります。


「やるべきことは途中で投げ出すべきではない」と考えても、自力でやり通すことが難しい場合もあります。


その時は1人で頑張り続けるよりも、早めに周りに助けを求めて力を借りた方がうまくいくこともあります。


しかしそれを拒否して自分でやり遂げようとして心身が先に悲鳴をあげて、途中で投げ出さざるを得なくなることがあります。

自分の欠点を過大評価、成功は過小評価

自分を評価する時と他人を評価する時の基準が異なる、「二重ものさし」を持っています。


特にうつ病になりやすい人は

「他人には甘く、自分には厳しい」

基準を作る傾向があります。


例えば、職場の先輩から以下のような言葉をかけられた時。

「〇〇さんは一生懸命働いてると思う。

まだミスは多いし未熟なところはあるけど、今後の成長を楽しみにしてるよ。」

「私(俺)はミスが多くて未熟だと思われてたんだ…

一生懸命やってるとは言ってくれたけど、それは他に褒めるところがなかったからだ…」

と、わざわざ自分が否定されている文章になるように、欠点を指摘している部分に着目してしまいます。

ネガティブな考え方の癖の修正法とは

善でも悪でもない”グレーゾーン”

「『正しいか、悪いか』『敵か、味方か』など極端な判断をする」という癖がある人は、善でも悪でもない”グレーゾーン”を意識するようにしましょう。


例えば、今まで恋愛も仕事も順調に行っていたのに、彼と別れてから仕事で失敗が増えて怒られることが多くなったという場合。


さらに追い討ちをかけるように親友が結婚をするという話を聞いたとしましょう。


そんな時、0か100かの極端な考え方を持っている人は

「私はもうダメだなあ…

これまでの人生は何だったんだろう。

将来結婚できるか不安だし。

私みたいな役立たずは会社にいない方が良いだろうし…」

と考えてしまいます。


このように文字に起こして書くと「いや、それは考えすぎでしょ!」と思う人もいるかもしれません。


しかし実際にこのような状況を目の当たりにすると、

「うまくいく=100点」

「うまくいかない=0点」

という図式を頭の中に作ってしまうことがあります。


しかし第三者の目線で冷静に考えてみると、

「彼と別れたから将来結婚ができなくなる」

「仕事のミスが増えて怒られるから、いない方が良いと思われてる」

ではありませんし、今までの行いが全て無駄になったわけではありません。


その中間にあるという見方が妥当です。


ハッキリさせないと気が済まないと感じる人もいるでしょうが、その考え方を持ち続けると

  • 仕事での成功/失敗

  • 人間関係の好き嫌い

でも白黒つけるようになって支障が出ます。

あえてグレーゾーンに位置しているものだと捉えるようにしましょう。

緩やかな表現「〜した方が良い」

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

同じ悩みを持つ友人を想定して声かけ

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

現在の悩みを解決する際にセットでやるべきこと

置かれている状況を客観視する

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a> <a href=

Add a Comment