同性から好かれ、誰とでもうまくやっていける女性になる方法。コツを教えます

   

この記事を書いている人
– Writer –


心理カウンセラー。

社会人学生として大学で4年間心理学と人間科学を学ぶ。

フリーランス として独立後、 インスタグラム(フォロワー数39,000人)有料ブログ(月間訪問者数16,000人)を開設してメンタルケアの方法を発信。

現在までに年間のべ7万人の方々の心の支援を行っている。

》詳しいプロフィールはこちら


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


最近こんな悩みを抱えていませんか?

「ママ友を作るのが苦手で、関わるのもしんどいと感じています。

今仲良くしているママ友グループでは私が1番年下なので、気を遣いっぱなしです。

私は基本的に子供にあまり手をかけないのですが、周りのママ友は過保護っぽいので、それに合わせないといけなくて面倒です。

うまくやっていくためには、どうすればいいのでしょうか?」


ママ友とうまくやっていけなくて、ダメな自分、できない自分に嫌気がさしている人。


本当はしんどくて限界なのに、言いたいことも言えずにママ友に付き合わされる日々。


ママ友に限らず、職場の女性の同僚や上司との関係がうまくいかずストレスを抱える人も、少なからずいると思います。


私はカウンセラーとして、人間関係に悩む方の相談を乗ることが多いのですが、


相手がどう思うかを気にしすぎて自分らしく振る舞えていない人が多いなと思います。


どんな人とも分け隔てなく仲良くできる人を見ていると、あたかもその人はもともと社交的で友達を作るのがうまい人かのような錯覚を覚えてしまいます。


そうなると家に帰ってSNSを見た時に

「あ…また私だけ誘われてない…

私ももっと積極的に輪に入っていかないと、置いてかれる…」

って焦るんですよね。


今回はそんな方のために、「同性から好かれ、誰とでもうまくやっていける女性になる方法」をご紹介していきます。


本記事の内容

  • 「本心をさらけ出したら嫌われる」はウソです

  • 自分の居場所を見つけて誰とでもうまくやっていくコツ


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

「本心をさらけ出したら嫌われる」はウソです

嫌な気持ちはもっと味わった方がいい

まず先に知っていただきたいことは、

「あの人嫌いだな~」

「〇〇さんって付き合いにくいんだよね…」

という感情を持つこと自体は悪いことではないということです。


嫌いという感情は必要だから誰の心にもあるものです。


例えば

「あの人は信頼できる。私のことを分かってくれる」

と思っていた人が実は全然違った、と気づいた時にショックを受けて心を閉ざしてしまったという経験はありませんか?


そのような経験をすると、無性に悲しくなって相手を責めたくなってしまいますよね。


「その時、自分が一番分かってほしかったのはどのような気持ちだったのか?」

「時間が経った今でもまだ苦しみや悔しさに襲われるのは、どうしてなのか?」

ということを考えたことはありますか?


  • 時々自分のことが分からなくなる

  • 自分のことが嫌いで仕方ない

というのは、ネガティブな感情が湧くと自動的に心を閉ざして本当の気持ちを封じ込めてしまうからなんですね。


▼合わせて読みたい

実は自分の気持ちが相手に伝わっていない

波風立てないように周りに気を遣うことに疲れてくると、

「こんなしんどい思いをしてることを少しは分かってよ!」

と不満を抱くようになります。


これは特に、親しい間柄の人に抱きやすい感情です。


「長い付き合いの友達なんだから、いちいち説明しなくても分かるよね?」

「私とあなたは似たもの同士なんだから、きっと同じ気持ちに違いない」

というふうに感じたことが、1度はあるはずです。


ですが、どんなに深い話をする仲の相手でも、毎日顔を合わす相手でも、考えていることはみんな別々です。


普段からちゃんと気持ちを伝えていれば、いざという時に何も言わなくても分かってもらえるようになるのです。


例えば、私は過去に親友と口論になった時にそれを痛感しました。

no-img2″><figcaption class=

「このくらい言わなくても分かってよ。

私の気持ちくらい察してよね!」

no-img2″><figcaption class= 友人

「言ってくれなかったら分かるわけないじゃん!」


怒りがおさまった時に

「私ってマメに自分の気持ちを伝えてるかな…?」

と考えたら、似たり寄ったりでした。


▼合わせて読みたい

弱点を出した方が親近感が得られやすい

あなたにとって親しい人は、あなた1番大切にしたい人のはずです。


たまたま何も言わなくても通じ合ったということがあったとしても、「何も言わなくても察してほしい」と期待するのは禁物です。


むしろ相手はあなたが本当の気持ちを話してくれることを待っています。


もちろん中には、

「相手の気持ちを考えすぎて、遠慮して言いたいことが言えなくなる」

という方もいるでしょう。


ですが、実際には自分の感情をはぐらかしたりしない方がコミュニケーションはスムーズに行くことが多いんですね。


「本当の気持ちをごまかして自分に嫌悪感を抱くくらいなら、一度思い切って本心をさらけ出してみること。」

これが今のあなたがやるべき課題です。


おっちょこちょいなところ、少し見栄っ張りなところ、嫉妬深いところ。

そんな自分を「あ~嫌だな」と感じるのはあなただけではありません。


誰もが自分のダメな部分に悩みながらも、なんとか折り合いをつけて何事もなかったかのような顔をして暮らしています。


もしあなたから本心をさらけ出したら、相手もきっと親近感を覚え、自然と好かれるようになりますよ。


自分のネガティブな感情と向き合うことの大切さが分かったところで、

ここからはプレミアム会員の方限定で

「自分の居場所を見つけて誰とでもうまくやっていくコツ」

について解説していきます。

自分の居場所を見つけて誰とでもうまくやっていくコツ

漠然とした寂しさの原因は〇〇への〇〇

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

自分で〇〇〇を作ると楽しめるようになる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

他人を一生懸命〇〇すると孤独感が消える

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

どんな〇〇〇ことがあるかを考えて行動する

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

〇〇〇ることで余裕が生まれ好感度が上がる

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←

さいごに

この続きはプレミアム会員に登録すると読むことができます。
→ 今すぐ登録して続きを読む! ←


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a> <a href=
One Comment

Add a Comment